利息制限法とは

民法上の金利水準の上限を定めた金銭消費貸借における法律の事を利息制限法といいます。 利息制限法は上限利息を制限する共に制限利息を超える部分の利息については無効としています。 しかし、上限金利を超える金利の場合でも、任意に支払われたものに関しては有効とされます。


具体的な利率
金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が次の利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効となります。
元本が100,000円未満の場合、年2割(20%)。
元本が100,000円以上1,000,000円未満の場合、年1割8分(18%)
元本が1,000,000円以上の場合、年1割5分(15%) となっています。


20%以上の利息を取っている貸金業者は、ほとんどこの利息制限法違反ということになります。 取引が長ければ、それだけ不当に取られていた利息が大きいはずですので、債務の残高がかなり減る可能性があります。 そして、利息制限法で計算し直したら、実は借金がなくなっていたというケースもよくあります。 時には、残額がゼロになるどころかマイナス(返ってくる)となる場合もあります。 そのような場合は法律上の原因がないにもかかわらず、不当に業者が利益を得ていたことになるため、不当利得分を返してもらうこともできます。


利息の引き直しとは
「引き直し」というのは「計算のし直し」という意味です。
利息制限法を超える利率の契約は、その超える部分については無効になり、元本に充当され、それ以上支払った利息については『返還請求』できるようになっています。 利息の引き直しは、上記のような場合、利息制限法による借金総額の見直しをするもので、債務残高を減額するための "元金残高の計算のし直し" を行う作業のことをいいます。


法定利息による計算例
   ** 1月1日に100万円を借り入れ
   ** 1月20日に50万円を追加借り入れ
   ** 3月20日に全額返済した場合の法定利息

     @100万円の借り入れ日数: 50日(法定利息15%)
     @ 50万円の借り入れ日数: 31日(法定利息18%)

     ▼利息計算
   (100×0.15) ÷ (365×50) = 20,548円
   (50×0.18) ÷ (365×31) = 7,644円

     20,548 円 + 7,644 円 = 28,192円が支払うべき利息になります。


利息の引き直しで過払を発見したら
利息計算をやり直した結果、もしもマイナスの結果が出たら、遅延損害金を含む利息を支払い過ぎていることになります。 金利の過払は、『不当利得返還訴訟』に持ち込んで返還してもらいましょう。  その場合、「みなし弁済規定」を理解しておく必要がありますが、司法書士または弁護士さんに相談をすべきでしょう。


出資法
お金の貸借には「出資法」と「利息制限法」という二つの法律が存在します。貸金業者の金利を制限する事を目的に定められた法律です。


出資法とは、年利29.2%を超える利息で金貸し業を営む事を禁止している法律で、違反すると5年以下の懲役又は3,000万円以下の罰金が科せられます。 その為、利息制限法を越えた金利で貸し出ししている大手消費者金融なども、出資法の29.2%という上限は厳守して営業しています。 逆に言えば、29.2パーセント以上の利息を請求する金融業者は全て非合法(=ヤミ金)だということです。 出資法は2009年(平成21年)内には無くなる予定です。


グレーゾーン金利
利息制限法以上、出資法以下の利息(20~29.2%)を取る金利。
利息制限法では違法だが、出資法で合法である盲点を突いた金利のことです。 法律で白黒をつけられていないグレーな曖昧な金利のことです。


みなし弁済
利息制限法の上限利率を超過する利息契約は無効ではありますが、一方で貸金業規制法43条では、この利息制限法超過利息であっても、債務者が任意に利息として支払った場合は有効な利息の弁済とみなすと定めています。


ですから、サラ金業者の中にはこのみなし弁済規定を利用して、利息制限法を超過した部分の弁済を有効であると主張する者も少なくありません。 しかし、このみなし弁済規定が適用されるためには厳しい要件をすべて満たしている必要があり、サラ金業者のほとんどがこの要件をすべてきちんと満たしていることはほとんどないと言っていいでしょう。









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   


千葉県任意売却センター

ご相談は無料です! ご納得いくまで何度でもご相談ください。

当社は千葉県をメインに任意売却のご相談をうけたまわっております。

 無料相談 03-6869-7730


千葉県任意売却センター

弊社は、密なるサービスをモットーに営業をいたしております。 その関係で、千葉県と千葉県に隣接するエリア限定での相談の受け付けとさせて頂いております。

東京都江戸川区・江東区

埼玉県三郷市・八潮市・吉川市・春日部市・幸手市・埼玉県北川辺町・大利根町・栗橋町・松伏町

茨城県取手市・坂東市・守谷市・利根町・茨城県河内町・稲敷市・潮来市・神栖市

千葉県市川市・船橋市・我孫子市・柏市・流山市・松戸市・千葉県野田市・流山市・浦安市・鎌ヶ谷市・千葉県白井市・印西市・佐倉市・千葉県千葉市・市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市・富津市・南房総市・千葉県館山市・鴨川市・勝浦市・いすみ市・茂原市・東金市・千葉県山武市・匝瑳(そうさ)市・千葉県旭市・成田市・香取市・銚子市・富里市・八街市・千葉県四街道市・八千代市・等々