SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 次順位買受申出人

次順位買受申出人とは

最高価買受申出人に次いで高額の買受けの申出をした人を次順位買受申出人といいます。


ただし、買受可能価額以上で、なおかつ最高価買受申出人の入札額から、保証金(保証額)を引いた額以上であることが条件です。


次順位買受申出人の決定 - 該当するときは、執行官が次順位買受申出人の氏名又は名称と入札価額を呼び上げて、次順位買受けの申出を催告しますので、希望するときは、執行官に申し出て下さい。


次順位買受申出人に決まりますと、最高価買受申出人が代金を納付せず、売却許可決定が効力を失った場合に、自己の買受けの申出について売却の許否の裁判を受ける権限を得ることができます。


次順位買受けの申出人が2人以上あるときは、「くじ」で次順位買受申出人を決定します。 次順位買受申出人の署名・押印は本人又は代理人に限ります。


次順買受申出人が決まった後、執行官が開札期日の終了を宣言します


競売で落札をしたのは良いが、残額代金の納付ができないことがあります。 その場合は、改めて期間を定めて、再度入札を行うことになります。


しかし、入札の際、2番目の買受け価額を入札した人が、この次順位の買受けの申出をすれば、改めて、入札を設定すること無く、一定の条件で、その人に売却の決定がなされます。


すなわち、第2順位の入札者は、以下の条件(時期、金額)を満たすと、次順位買受けの申出をすることができます。
(1)開札期日の終了までに申出をすること。
(2)第2順位の金額が「買受可能価額」以上で、かつ、最高価の入札金額から "買受申出の保証金" を差し引いた額以上であること。


なお、第2順位の買受申出について、売却許否の決定がされるのは、最高価の入札者が期限までに残代金を納付せず資格を失った場合に限られます。 また、この時点まで保証金は返還されません。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   


千葉県任意売却センター

ご相談は無料です! ご納得いくまで何度でもご相談ください。

当社は千葉県をメインに任意売却のご相談をうけたまわっております。

 無料相談 03-6869-7730


千葉県任意売却センター

弊社は、密なるサービスをモットーに営業をいたしております。 その関係で、千葉県と千葉県に隣接するエリア限定での相談の受け付けとさせて頂いております。

東京都江戸川区・江東区

埼玉県三郷市・八潮市・吉川市・春日部市・幸手市・埼玉県北川辺町・大利根町・栗橋町・松伏町

茨城県取手市・坂東市・守谷市・利根町・茨城県河内町・稲敷市・潮来市・神栖市

千葉県市川市・船橋市・我孫子市・柏市・流山市・松戸市・千葉県野田市・流山市・浦安市・鎌ヶ谷市・千葉県白井市・印西市・佐倉市・千葉県千葉市・市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市・富津市・南房総市・千葉県館山市・鴨川市・勝浦市・いすみ市・茂原市・東金市・千葉県山武市・匝瑳(そうさ)市・千葉県旭市・成田市・香取市・銚子市・富里市・八街市・千葉県四街道市・八千代市・等々