SiteTop > 任意売却・競売の用語集 > 引渡命令の申立

引渡命令の申立とは

引渡命令とは、買受人が代金納付を済ませた後、建物から簡易な手続で占有者を退去させる命令のことです。


その大前提として、買受人がその不動産の所有権をすでに取得していることが必要となります。 代金納付日以前に占有を行っているからといって、引渡命令を申し立てるということは出来ません。 いくらこれから買い受けるからといっても、所有権が占有者にある間は、自由にその不動産を使用収益出来る権利は所有者側にあり、買受人の側には無いからです。 しかし、代金納付をしてしまえば、所有権は買受人側に移転しますので、代金納付と同日に引渡命令の申立を行うことは可能となります。


代金を納付した買受人又はその一般承継人から、引渡命令の申立てがなされると、執行裁判所は、発令要件を備えていると認めた場合、競売不動産を引き渡すべき旨の決定をします。 そして、占有者が自発的に退去しない場合は、引渡命令に基づいて退去させるための強制執行が必要です。 その場合には、退去執行のため別途費用がかかります。


裁判所  不動産引渡命令の申立方法
東京地方裁判所民事執行センター  引渡命令申立


引渡命令の手続
1) 申立てができるのは、代金納付の日から6か月以内に限られます。 代金納付時に明渡猶予を認められる占有者がいた建物の買受人については、代金納付日から9か月以内に限られます。 もちろん代金納付前は申立てができません。


2) 申立費用として、相手方1名につき500円の収入印紙と決定正本の送達料が必要。


申立ては、申立書を作成し提出する方法によります。 申立書の書き方、添付書類、納付すべき送達料については、執行裁判所の引渡命令担当窓口へお尋ねるとよいです。


引渡命令の発令・送達
引渡命令が発令されると当事者達に送達されます。


執行抗告期間
当事者に引渡命令が送達された日から1週間は、執行抗告(高等裁判所に対する上訴)を申し立てることができます。 申立人も引渡命令申立却下の裁判に対して執行抗告を申し立てることができます(抗告状は地方裁判所に提出する)。 執行抗告の申立てがなくこの1週間を経過すると、引渡命令が確定します。


執行文付与申立て・送達証明申請
引渡命令が確定したら、執行の準備として執行文付与申立てと送達証明の申請をし、執行文と送達証明書を取得します。


執行官に対する執行申立て
1) 引渡命令正本(執行文付き)と送達証明書を添付の上、引渡命令執行の申立てをします。


2) 所定の予納金が必要です。


3) 申立てを受けた執行官は、予定を立てて執行に着手します。 当初は、相手方に期限を決めて明け渡すよう催告するのが普通です。 それでも明渡しに応じなければ、運送業者を手配して本格的な明渡しの執行を行いますが、その場合は相応の費用がかかります。


明渡し完了!









や行 任意売却/競売用語

予告登記夜逃げ  



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   


千葉県任意売却センター

ご相談は無料です! ご納得いくまで何度でもご相談ください。

当社は千葉県をメインに任意売却のご相談をうけたまわっております。

 無料相談 03-6869-7730


千葉県任意売却センター

弊社は、密なるサービスをモットーに営業をいたしております。 その関係で、千葉県と千葉県に隣接するエリア限定での相談の受け付けとさせて頂いております。

東京都江戸川区・江東区

埼玉県三郷市・八潮市・吉川市・春日部市・幸手市・埼玉県北川辺町・大利根町・栗橋町・松伏町

茨城県取手市・坂東市・守谷市・利根町・茨城県河内町・稲敷市・潮来市・神栖市

千葉県市川市・船橋市・我孫子市・柏市・流山市・松戸市・千葉県野田市・流山市・浦安市・鎌ヶ谷市・千葉県白井市・印西市・佐倉市・千葉県千葉市・市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市・富津市・南房総市・千葉県館山市・鴨川市・勝浦市・いすみ市・茂原市・東金市・千葉県山武市・匝瑳(そうさ)市・千葉県旭市・成田市・香取市・銚子市・富里市・八街市・千葉県四街道市・八千代市・等々