明け渡し訴訟

明渡訴訟とは;

物件の所有者が占有者に対し、「当該不動産を明渡せ」という判決を裁判所に求めるものです。


落札した物件の占有者が明渡しに応じない場合で、引渡命令が出ない場合には、明渡訴訟を提起する手法を講じなければなりません。


明渡訴訟は、買受人が民事訴訟を提起して、明渡しを認めた債務名義(法廷の文書)によって、正式に明渡しを要求するものです。費用がかかり、判決までに6ヶ月以上と、とても時間がかかります。


一方、引渡命令は、代金納付後6ヶ月以内に申し立て、かつ占有者が、買受人に対抗できない権原により占有しているものであれば、簡易・迅速(1ヶ月以内)に債務名義を取得するここができます。 そのため、最近は引渡命令を利用することが多いようです。


この命令により、占有者に立ち退きを要求したり、さらには強制執行で無理やり追い出せるようになります。









や行 任意売却/競売用語

予告登記    



わ行 任意売却/競売用語

和解和解調書   


千葉県任意売却センター

ご相談は無料です! ご納得いくまで何度でもご相談ください。

当社は千葉県をメインに任意売却のご相談をうけたまわっております。

 無料相談 03-6869-7730