千葉県任意売却センター

Back

競売のデメリット

競売のデメリットとは、任意売却に比べてのものです。これから競売で物件を落札を考えている方に対しての話ではありません!

競売ののデメリット(債務者・債権者)

債務者(不動産所有者)
・競売となったことが近所に知られてしまう ・市場価格よりも安く落札され、債務が多く残る ・債権者と残債務の相談が出来ない ・落札者に主導権があるので退去期限の猶予がない ・遅延損害金、競売費用で負債の増加

債権者(金融機関)
・競売申立してから落札までに時間がかかる
・落札価格によっては、無配当、回収金額減少もある

銀行・金融機関は任意売却を望んでいます

住宅ローンの滞納が始まり競売の影がチラ付いて来ると、債権者は任意売却を勧めて来ることが一般的です。 なぜ、債権者は任意売却を勧めてくるのでしょうか?それは任意売却は債権者にとっても競売よりメリットが大きく有る売却方法だからです。


競売では、債権者は裁判所に対して予納金を収める必要があり、売却までに時間がかかるため債権回収も遅れることになります。 しかし任意売却であれば通常の不動産売買と変わらず販売するので、売却までの時間も競売と比較して短期間のうちに処理することが可能となります。


市場相場に近い価格で売却できれば、回収額は増加しますので、債権者も競売よりも任意売却での処理を望むのです。

トップに戻る

任意売却ホットライン