SiteTop > 任意売却事例 > 事例[1]

不動産会社で働いていても任意売却にはなります

私は、2004年に4,500万円の新築マンションを、横浜市緑区の長津田という町に購入しました。 頭金は500万円を用意いたしました。 月々の返済金額は均等返済で、約18万円でした。


 

私の仕事は不動産会社で契約書作成および不動産物件の権利関係などを調査する業務という仕事をやっておりました。


2005年の春、そんな私に、外資系の不動産会社が日本で住宅部門の仲介の会社を展開するので、"来てくれないか?" と、ヘッドハンティングして来た友人がおりました。 年収450万円の私に、年収650万円の条件を提示してくれました。 私は、その友人の申し出に当然のりました。


移った会社は自由が丘の駅前です。 全てが新しい会社です。 横浜・川崎そして東京から営業の強者達(?)が20名も集められての新会社スタートでした。 広告にも当然お金をかけてバンバン打って行きました。


新会社スタートして最初の三ヶ月は、契約も月2件・3件と少ないものでした。 この数字は当初からの読みの通りの数字であったので、誰もこの赤字に驚きはしませんでした。


しかし、売り上げが上がらないのが2~3ヶ月どころか、それから1年も続き、結局は会社スタート1年3ヶ月目で住宅部門を閉鎖です。


会社閉鎖に伴い、私も当然職を失いました。
即、新しい仕事探しです。 私は、その時点での年が45歳でした。 そして不動産業界にしか居たことがないので当然不動産会社での職探しとなりました。 しかし、有る仕事はほとんどが販売の営業職のみでした。 私の専門としている不動産業務という職種での求人など全く有りませんでした。


前の会社での年収約650万円有ったのですが、この金額では再就職は不可能な事を知りました。 やっとの思いで得た仕事での年収が360万円です。 仕事を見つけるまでの約8ヶ月間の無職の期間に蓄えた全ての貯金を使い切ってしまっておりました。


当然、この年収ではローンの返済は苦しくなる一方でした。 返済が苦しくなってくると、消費者金融に駆け込み何とか表上は事故にならなかったのです。 所詮、自転車操業です。 住宅ローンの破綻は自分なりに薄々とは感じておりました。


住宅ローンを返済するために、車も売りました。 お酒・タバコ・ゴルフ・パチンコなどお金のかかる趣味は総て止めました。 ですが、この時点でそんなことをしても焼け石に水でした。


この頃からとうとう、住宅ローンを滞納し出してしまいました。 支払督促が届いて直ぐに、住宅ローンのリスケというヤツを利用できないかと思い銀行さんへ相談に出かけました。


相談に行った銀行の担当さんより「全ての借り入れ状況を教えてほしい」というので説明しました。 私の説明を聞いていた担当の銀行員の顔が明らかに険しくなったのをはっきり記憶しています。 なんでもっと早く相談しなかったのですか、と我が事のように心配してもらいましたが......、「もう~打つ手はありません!」と言われてしまいました。 そして、任意売却を勧められたのです。


任意売却は私がヘッドハンティングされる前に働いていた不動産会社が行っておりましたので、任意売却がどのようなものかは知っておりました。 相談した銀行さんはしきりに銀行指定の業者さんを使ってくれるとアリガタイと言っておられましたが、それをおことわりして、私は、恥を忍んで昔の同僚にお願いをしました。


そして、任意売却が終わって『もう~今月からローン返済の悩まなくても良いのだ』と、ホットしました。 そして任意売却後の残った債務の返済を債権者と月々1万円で折り合いを付けていただき助かりました。


私の場合、ある程度、任意売却のことを知っていましたので、その知識が随分と役に立ちました。 まず、期限の利益を失う前から、物件を売りに出してもらいました。 そして、期限の利益の喪失の通知が来て代位弁済の通知が届いて、それ程間を置かず、地元の不動産業者さから購入申し込みが入りました。 従って、14%にも上る遅延損害金がそれ程付きませんでした。 加えて同業社ということもあり、引越代も面倒みてもらえました。 残債は約500万円でしたが、月々1万円の返済で決着しました。


お気軽にご相談ください

競売という精神的なダメージの強い処理のされかたを選択するよりは、任意売却をお選びください。


どちらを選択しても住まいを失うことにはなります。
しかし任意売却であれば貴方にとっては嫌な交渉ごとは全て当社が行うことになるのです。 例えば、引越費用の交渉がそうです。 住まいを取られた後々の返済仕切れない住宅ローンの返済条件の話し合いがそうです。



千葉県任意売却センター

弊社は、密なるサービスをモットーに営業をいたしております。 その関係で、千葉県と千葉県に隣接するエリア限定での相談の受け付けとさせて頂いております。

東京都江戸川区・江東区

埼玉県三郷市・八潮市・吉川市・春日部市・幸手市・埼玉県北川辺町・大利根町・栗橋町・松伏町

茨城県取手市・坂東市・守谷市・利根町・茨城県河内町・稲敷市・潮来市・神栖市

千葉県市川市・船橋市・我孫子市・柏市・流山市・松戸市・千葉県野田市・流山市・浦安市・鎌ヶ谷市・千葉県白井市・印西市・佐倉市・千葉県千葉市・市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市・富津市・南房総市・千葉県館山市・鴨川市・勝浦市・いすみ市・茂原市・東金市・千葉県山武市・匝瑳(そうさ)市・千葉県旭市・成田市・香取市・銚子市・富里市・八街市・千葉県四街道市・八千代市・等々